FC2ブログ
 
■プロフィール

大西 浩司

Author:大西 浩司
■株式会社芦田総研
■税理士法人エイアール税理士事務所
■社会保険労務士法人エイアール社会保険労務士事務所
  住所:神戸市中央区栄町通1-1-24 
  電話:078-393-4800(代)
・ファイナンシャルプランナー
          (CFP®認定者)
・社会保険労務士

≪大西より一言≫
「相続に関するお悩み事がありましたら、お気軽にご相談ください。」

※このブログは相続FP・社会保険労務士の視点から書いています。
法律に基づく施策(対策)については各種専門士業にご相談のうえご実行ください。

※上記似顔絵は http://www.tukaerusite.com/ で作成させてもらいました。
40代故「しわ」を付けたらより似るのはわかるのですが・・・。
家内曰く「詐欺と言われない程度に、もうちょっと似せて作ったら?」

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ようこそ

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
相続にかかわる専門家(1)
おはようございます。
芦田総研 相続FPの大西です。


「相続にはどんな専門家がかかわっているのか?」について、今日から数回に分けてお話ししていきたいと思います。


 ≪税理士≫

「相続」といってもなかなか専門家が思い浮かばない方も、「相続税」と言えば「税金なので税理士」となんとなく思われるのはないでしょうか。
その通り、税理士は「相続税」の計算・申告を皆さんに代わって行います(申告代理と言います)

よって、相続税のかかる方は税理士さんに相談されることが多いのではないでしょうか。そして、税理士さんの計算した「相続税評価額」に基づいて(相続税評価額を遺産分割協議の参考にして)財産を分けられているのではないかと思います。

以前に書かせていただいた通り、財産の評価についてはいろいろな考え方があるのですが、相続人の方が納得されているのであれば、この方法で全く問題はありません。

注意すべき点としては、

①『税理士にも得意分野がある』

税金の種類には、「相続税」以外にも「所得税」「法人税」「消費税」などがあります。
一般的には「所得税」や「法人税」を得意とされている方は多いのですが、「相続税」を得意分野とされている方は意外と少ないものです。

これは、「頻度」の問題が大きく関わっています

税理士業を行っている限り、所得税などは毎年申告を行います。よって、様々な実戦経験(ノウハウ)ができ「得意分野」になっていく可能性が高くなります。
それに対し「相続税の申告」は、1年に1件あるかないかの世界(確か、単純平均で税理士一人当たり3年で2件ほどだったと思います)で、下手をすれば「ここ10年申告はしていない。」という税理士さんも結構おられます。
相続税は金額が大きく、間違った時のペナルティも大きくなるため、あえて申告はしない(話があれば他の税理士を紹介する)という税理士さんもおられるぐらいです。

よって、経験も知識もあまり豊富でない税理士さんにお願いしてしまうと、あとあと問題になることも見受けられます(「使える特例を使っていないので税金を多く払わされた!」や「古い知識しかなく、すでに無くなっている計算式を使っていた!」など)。

「申告経験の少ない方はすべて良くない(逆に、多い方はすべてよい)」というわけではありませんが、申告をお願いされる(相談される)場合は、どのくらいの経験(実績)があるのかぐらいは聞いておかれて損はないかと思います。

長くなってきたので、注意すべき点②は次回に。


スポンサーサイト
相続・事業承継 | 09:26:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。