FC2ブログ
 
■プロフィール

大西 浩司

Author:大西 浩司
■株式会社芦田総研
■税理士法人エイアール税理士事務所
■社会保険労務士法人エイアール社会保険労務士事務所
  住所:神戸市中央区栄町通1-1-24 
  電話:078-393-4800(代)
・ファイナンシャルプランナー
          (CFP®認定者)
・社会保険労務士

≪大西より一言≫
「相続に関するお悩み事がありましたら、お気軽にご相談ください。」

※このブログは相続FP・社会保険労務士の視点から書いています。
法律に基づく施策(対策)については各種専門士業にご相談のうえご実行ください。

※上記似顔絵は http://www.tukaerusite.com/ で作成させてもらいました。
40代故「しわ」を付けたらより似るのはわかるのですが・・・。
家内曰く「詐欺と言われない程度に、もうちょっと似せて作ったら?」

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ようこそ

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
相続○○センター(5)
おはようございます。
芦田総研 相続FPの大西です。

前回の続きです。


「(税理士が)行政書士の資格を登録すれば何が有利なのか?」は、前回の話でおわかりいただけたかと思います。

答え
「税理士としての業務+行政書士として業務ができる」→「幅が広がる」


ただし、注意も必要です。

このように『税理士の方が行政書士登録もされている』といった場合には、相続関係以外の行政書士業務(一般的な「車庫証明申請代行」や「農地転用許可申請代行」など)はほとんどされていない(したことが無い)といったこともあります(税理士業務+相続関係の行政書士業務だけで手一杯!など)。

よって「今後、行政書士業務全般もお願いしたいので、両方の資格を持たれているこの先生に。」とお考えの場合は、「●●許可申請など頻繁にお願いすることになりますが大丈夫でしょうか?」など事前に聞いておかれるのがよいのではと思います。


追伸(個人的な感想):

そもそも税理士試験と行政書士試験は内容が大きく異なるため、「税理士資格取得→行政書士資格も登録」といった先生の場合、いきなり難しい許可申請の依頼がきても対応するのは大変だろうなと思っています。
しかも、行政書士法では「正当な事由がなければ、依頼された業務を断ってはいけない。」ともあるので、「両方登録することで幅が広がる!」ということを安易に「メリット」と言い切ることはできないのかもしれません。


次回は『司法書士』系です。


スポンサーサイト
相続・事業承継 | 09:12:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。