FC2ブログ
 
■プロフィール

大西 浩司

Author:大西 浩司
■株式会社芦田総研
■税理士法人エイアール税理士事務所
■社会保険労務士法人エイアール社会保険労務士事務所
  住所:神戸市中央区栄町通1-1-24 
  電話:078-393-4800(代)
・ファイナンシャルプランナー
          (CFP®認定者)
・社会保険労務士

≪大西より一言≫
「相続に関するお悩み事がありましたら、お気軽にご相談ください。」

※このブログは相続FP・社会保険労務士の視点から書いています。
法律に基づく施策(対策)については各種専門士業にご相談のうえご実行ください。

※上記似顔絵は http://www.tukaerusite.com/ で作成させてもらいました。
40代故「しわ」を付けたらより似るのはわかるのですが・・・。
家内曰く「詐欺と言われない程度に、もうちょっと似せて作ったら?」

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ようこそ

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
相続税増税について
こんばんは。
芦田総研 相続FPの大西です。

相続税の増税が決定的となっているのは皆さんご存知の通りです。

そして、巷では「今まであまり関係のなかったサラリーマンの方にも相続税がかかってくるかもしれません!」と言った話が花盛りです(私もそう言ってます)。

しかし、この増税の影響は別のところにもでてくるように思っています。

それは、『相続人全員が相続財産の評価額を知ってしまう』ということです。

「当たり前では?」と思われる方もおられると思いますが、実際の相続では、故人の相続財産(厳密には相続財産額)をすべての相続人が正しく把握しているとは限らないのです。

相続税について全く関係のない範囲の方(大半の方)は、それぞれの財産がいくらの評価額なのかを知らずとも、遺産分割を進めることが出来ます(相続税の申告が不要であるため評価の必要がないからです)。

「A土地は住んでいる僕が、B土地は商売をしている花子が、お金は半々で。」
というざくっとした分け方でも、気持ち的にそれぞれがよければ、そのまま分割が進んでいました。

しかし、相続税がかかり、申告しないといけないとなると話は変わります(すべての相続財産をお金に換算する必要がでてきます)


太郎 「A土地は住んでいる僕が、B土地は商売をしている花子が、車と木彫りのクマは次郎が、お金は、半分ぐらいを次郎にあげて、残りを二人で分けようか。」

花子 「あれ?私の土地の評価額1,000万円やけど、太郎兄ちゃんの土地は2,000万もしてるやん。ちょっと不公平違う?」

次郎 「て、言うか、なんで俺の相続財産に『木彫りのクマ』が入ってんねん?お金も半分くれるって言うけど300万円しかないし、車の評価額も0円って財産ちゃうやん!どう考えてもおかしいわ!」



一般の方にとって「相続税がかかる」ことより大きな問題なのかもしれません。


スポンサーサイト
相続・事業承継 | 10:11:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。