■プロフィール

大西 浩司

Author:大西 浩司
■株式会社芦田総研
■税理士法人エイアール税理士事務所
■社会保険労務士法人エイアール社会保険労務士事務所
  住所:神戸市中央区栄町通1-1-24 
  電話:078-393-4800(代)
・ファイナンシャルプランナー
          (CFP®認定者)
・社会保険労務士

≪大西より一言≫
「相続に関するお悩み事がありましたら、お気軽にご相談ください。」

※このブログは相続FP・社会保険労務士の視点から書いています。
法律に基づく施策(対策)については各種専門士業にご相談のうえご実行ください。

※上記似顔絵は http://www.tukaerusite.com/ で作成させてもらいました。
40代故「しわ」を付けたらより似るのはわかるのですが・・・。
家内曰く「詐欺と言われない程度に、もうちょっと似せて作ったら?」

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ようこそ

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
話題は相続税から消費税へ
こんにちは。
芦田総研 相続FPの大西です。

標題の通りですが、相続税の改正が決まったころは、新聞を見ても、雑誌を見ても、インターネット見ても、私のブログを見ても、「相続税」の話が花盛りでした。

ただ、実施が平成27年1月1日からということもあり、最近は少し落ち着きつつあるように思います。
(これも、来年になると「いよいよ来年から相続税増税!今年やるべき対策はこれだ!」みたいな情報・企画が山ほど出てくると思いますし、私もその流れに乗っかる予定です。)

それとは逆に、「来年4月の消費税率アップ」が確定したことにより、「消費税」の話が結構取り上げられています。
詳しい内容は、税理士さんのブログにお任せするとして、この夏、ある「消費税」が話題となりました。

その名も「死亡消費税」 !

おどろおどろしい名前ですが、ざくっと書くと「亡くなった時に残っている財産総額×死亡消費税率」を亡くなった人すべてからいただこう(「生前たくさんお金を使った人はその分引いてあげるのもありかな。」)というものです。

ま、この内容だけ聞くと「どないして取るの?そりゃ無理やろ!?」となるのですが・・・。

現時点でどうこういうような具体的なものではないのですが、これを実行することにより「お金を遺しても税金がかかるのなら、生きているうちに使おう!」という購買意欲の高揚が期待できるということのようです。

「じゃ、相続税はどうなるんだ? 二重課税だぁぁぁ~!! 何? 相続税がかかった部分は死亡消費税はかけない!? そんなことしたら相続税の申告が面倒になるではないかぁぁぁ~!! なんだと?! 死亡消費税の税率は1.39563248736%に決まっただと!私の電卓では桁が足りないではないかぁぁぁ~!!」

となるところですが、とりあえずは具体的な話が出てきた時点で騒ぎたいと思います。



スポンサーサイト
相続・事業承継 | 16:02:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。