FC2ブログ
 
■プロフィール

大西 浩司

Author:大西 浩司
■株式会社芦田総研
■税理士法人エイアール税理士事務所
■社会保険労務士法人エイアール社会保険労務士事務所
  住所:神戸市中央区栄町通1-1-24 
  電話:078-393-4800(代)
・ファイナンシャルプランナー
          (CFP®認定者)
・社会保険労務士

≪大西より一言≫
「相続に関するお悩み事がありましたら、お気軽にご相談ください。」

※このブログは相続FP・社会保険労務士の視点から書いています。
法律に基づく施策(対策)については各種専門士業にご相談のうえご実行ください。

※上記似顔絵は http://www.tukaerusite.com/ で作成させてもらいました。
40代故「しわ」を付けたらより似るのはわかるのですが・・・。
家内曰く「詐欺と言われない程度に、もうちょっと似せて作ったら?」

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ようこそ

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
空き家率
おはようございます。
芦田総研 相続FPの大西です。

2年ほど前にこのブログで下記のような内容を書かせてもらいました。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
持ってるだけでも多くの手間やコストのかかる不動産は、今後の人口減少化社会においてより大きな問題になることは確実だと思われます。
『空家・空地 管理ビジネス』が当たり前になる時代が、もうそこまで来ているのかもしれませんね。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日、総務省の住宅・土地統計調査で、 『空き家率が過去最高の13.5%』と発表されました。

これだけ見ると

「いよいよ空き家があふれ出してきたのか!大西が2年前にブログで言っていたことが現実になりだしたのか!」

と思っていただける方もおられるのかもしれません。

ただ、正直に話させてもらいますと、昭和33年以降、5年に1度 空き家率が発表されるたびに『過去最高』なんです。

つまり、 昭和33年の2.0%→平成25年の13.5%まで一貫して上がり続けているということになります。

空き家の増加は、犯罪や事故の増加にもつながります。
地方によっては、市や町が空き家物件を取りまとめ購入者や賃借人を募集しているというところもあるぐらいです。

空き家対策は、将来の日本を考える上でも重要な課題となりますね。

スポンサーサイト
相続・事業承継 | 09:52:30 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。