■プロフィール

大西 浩司

Author:大西 浩司
■株式会社芦田総研
■税理士法人エイアール税理士事務所
■社会保険労務士法人エイアール社会保険労務士事務所
  住所:神戸市中央区栄町通1-1-24 
  電話:078-393-4800(代)
・ファイナンシャルプランナー
          (CFP®認定者)
・社会保険労務士

≪大西より一言≫
「相続に関するお悩み事がありましたら、お気軽にご相談ください。」

※このブログは相続FP・社会保険労務士の視点から書いています。
法律に基づく施策(対策)については各種専門士業にご相談のうえご実行ください。

※上記似顔絵は http://www.tukaerusite.com/ で作成させてもらいました。
40代故「しわ」を付けたらより似るのはわかるのですが・・・。
家内曰く「詐欺と言われない程度に、もうちょっと似せて作ったら?」

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ようこそ

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
平成24年相続税課税割合
こんにちは。
芦田総研 相続FPの大西です。

標題「平成25年」の間違いではありません。
ちなみに、平成25年の相続税に関する数字は、今年の12月ぐらいに国税庁から発表されるものと思われます。

とは言え、今回の内容。
本来は今年の頭ぐらいにご紹介するようなものなのですが、今、気が付きました。

「あっ・・・紹介するの忘れてた・・・。」

というわけで、一覧表をご覧ください。

下記は、国税庁発表の被相続人数(相続税の課税対象となった方の数)と厚労省発表の人口動態統計から計算した、平成24年 各国税局ごとの相続税課税割合です。

H24相続税課税割合 

ここ数年大きな変動はありませんが、巷で「100人中4人しか相続税がかかっていない。」と言われるのが右下の「4.19%」という数字です(年間125万人が亡くなって、そのうち5万2千人が相続税の対象となった)。

この全国平均に近いのが大阪国税局管内の4.48%なのですが、 東京国税局管内では7%を越えています。
逆に、仙台国税局及び熊本国税局管内では1.67%と、相続税の対象となるのは100人中2人もおられません。

上記の通り課税割合には地域差があるため、来年からの改正の影響についても地域差が現れるのではないかと思っています。

相続税に関しては、様々な情報が新聞・雑誌等にあふれています。

「この話は私の地域に当てはまるのだろうか?」と今一度お考えいただき、雑多な情報に振り回されないようにしていただければと思います。



スポンサーサイト
相続・事業承継 | 14:00:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。