FC2ブログ
 
■プロフィール

大西 浩司

Author:大西 浩司
■株式会社芦田総研
■税理士法人エイアール税理士事務所
■社会保険労務士法人エイアール社会保険労務士事務所
  住所:神戸市中央区栄町通1-1-24 
  電話:078-393-4800(代)
・ファイナンシャルプランナー
          (CFP®認定者)
・社会保険労務士

≪大西より一言≫
「相続に関するお悩み事がありましたら、お気軽にご相談ください。」

※このブログは相続FP・社会保険労務士の視点から書いています。
法律に基づく施策(対策)については各種専門士業にご相談のうえご実行ください。

※上記似顔絵は http://www.tukaerusite.com/ で作成させてもらいました。
40代故「しわ」を付けたらより似るのはわかるのですが・・・。
家内曰く「詐欺と言われない程度に、もうちょっと似せて作ったら?」

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ようこそ

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
相続について調べる場合の注意点
おはようございます。
芦田総研 相続FPの大西です。

来年から多くの方が相続税の対象になってきます。
それにともない、相続についてインターネットで調べる方も大きく増えてくるものと思います。

ただ、気をつけて読まないと勘違いしてしまうことも多くあります。

【Aサイト】
「相続開始前(亡くなる前)1年以内にした贈与は相続財産に加算して計算します」

【Bサイト】
「相続開始前(亡くなる前)3年以内にした贈与は相続財産に加算して計算します」


普通に読めば「どちらが正しいのだ~!」となります。

そもそも、二つの年数が違う以前に、「生前に贈与でもらったものも相続の時には一旦返して、相続財産に足してからもう1回誰がもらうか決めないといけないの?! 半年前にもらった100万円は車を買ってもうないけど、こんなときは買った車を返すことに・・・?!」と思われる方もおられるかもしれません。

先に言うと、「返す必要はありません」。

これは、ある数字をだす過程で足して計算するということなんです。
(もらったもの自体を返す必要はありませんが、先もらいとして相続時にもらえる額が少なくなることはあります)

この「ある数字をだす過程」と「それを扱う方」が、上二つの違いとなっています。

Aサイト:
弁護士さんのホームページ
『遺留分(絶対もらえる相続財産の割合)による、もらえる額を計算するときの話し』 


Bサイト:
税理士さんのホームページ
『相続税を計算するときの話し』 


このように、同じような言い回しでもまったく異なる内容のことが書かれているのです。

安易に判断して間違ってしまうと無用なトラブルに巻き込まれることもあります。

もし、相続にあまり詳しくないということであれば、弁護士さんや税理士さんなど各業務に応じた専門家に相談されることをお勧めいたします。


相続・事業承継 | 10:49:07 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。