FC2ブログ
 
■プロフィール

大西 浩司

Author:大西 浩司
■株式会社芦田総研
■税理士法人エイアール税理士事務所
■社会保険労務士法人エイアール社会保険労務士事務所
  住所:神戸市中央区栄町通1-1-24 
  電話:078-393-4800(代)
・ファイナンシャルプランナー
          (CFP®認定者)
・社会保険労務士

≪大西より一言≫
「相続に関するお悩み事がありましたら、お気軽にご相談ください。」

※このブログは相続FP・社会保険労務士の視点から書いています。
法律に基づく施策(対策)については各種専門士業にご相談のうえご実行ください。

※上記似顔絵は http://www.tukaerusite.com/ で作成させてもらいました。
40代故「しわ」を付けたらより似るのはわかるのですが・・・。
家内曰く「詐欺と言われない程度に、もうちょっと似せて作ったら?」

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ようこそ

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
「タイ」と「相続税」
おはようございます。
芦田総研 相続FPの大西です。

お題の「タイ」は「鯛」のことではありません。
「 『鯛』に相続税がかかるとは! 」と期待されていた方はすいません(・・・って、いないか)。

さて、先般、タイ(微笑みの国の「タイ」です)で十数人の子供を作っている男性のことが話題になっていたのはご存知のことと思います。

「何故?」ということに対し、いろいろな理由が噂されていますが、そのうちの一つが「相続対策」です。

相続人を増やせば、基礎控除が増えます。
もし、16人の子供(相続人)がいれば、来年以降の税制でも、1億2,600万円までは非課税となります。
(ただ、こんなにも子供がいれば、安くなった税金以上に養育費がかかりそうです・・・)

また、今回のポイントは「タイ」です。

タイには相続税がありません。
それぞれの立場や状況(国籍や居住場所、資産の場所など)によっても変わりますが、うまくやれば税金を払うことなく、次の代に財産を移すことも可能になってきます。

ただ、現在タイでは「相続税導入」の方向で話しが進んでいます。
この件があったので検討をし始めたということではないと思いますが、導入されれば無税というわけにはいかなさそうです。

それにしても不思議な事件です。



相続・事業承継 | 11:18:15 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。