FC2ブログ
 
■プロフィール

大西 浩司

Author:大西 浩司
■株式会社芦田総研
■税理士法人エイアール税理士事務所
■社会保険労務士法人エイアール社会保険労務士事務所
  住所:神戸市中央区栄町通1-1-24 
  電話:078-393-4800(代)
・ファイナンシャルプランナー
          (CFP®認定者)
・社会保険労務士

≪大西より一言≫
「相続に関するお悩み事がありましたら、お気軽にご相談ください。」

※このブログは相続FP・社会保険労務士の視点から書いています。
法律に基づく施策(対策)については各種専門士業にご相談のうえご実行ください。

※上記似顔絵は http://www.tukaerusite.com/ で作成させてもらいました。
40代故「しわ」を付けたらより似るのはわかるのですが・・・。
家内曰く「詐欺と言われない程度に、もうちょっと似せて作ったら?」

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■ようこそ

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
相続税の方向性
『相続税が増税に』という話は、1週間ほど前に書かせてもらいましたが、今日の新聞にもそのあたりの話が出ていました。

相続税の基礎控除(税金がかからない財産の額)については、

≪現在≫5,000万円+法定相続人×1,000万円 

→ 相続人3人の場合は、5,000+1,000×3=8,000万円 となります

それが・・・

≪今後≫3,500万円+法定相続人×700万円 

→ 同じく相続人3人の場合は、3,500+700×3=5,100万円 となる


という方向で検討中とのことです。

この、3,500万円という数字は、「昭和50年(改正)~平成6年(直近改正)間の、地価水準等も考慮にいれた平均値」ということらしく、これにより税金を納める人も、現状の「100人中4人(4.2%)」から「100人中5人(5%台)」になる試算がなされています【税制調査会 平成22年 第13回資料(資産課税)より】。

来年の改正に向けて、いよいよ本格的な数字が出てきましたね。



相続・事業承継 | 09:33:37 | トラックバック(0) | コメント(2)
コメント
そんなに少なくなるんですかv-289
2010-12-01 水 23:33:41 | URL | FP初心者 [編集]
返信
そんなに少なくなるんですか

基礎控除自体は少なくなりますね。ちなみに、平成21年の年間死亡者数が114万人ぐらいですので、相続税の納税者が1%増えるということは、114万人×1%=1万1千人程度増える計算となります。
これを多いととるか少ないととるかですね。
2010-12-02 木 09:19:12 | URL | souzokufp [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。